【失敗を回避する】SEOリライトの方法【間違いはこうして生まれます】

【失敗を回避する】SEOリライトの方法【間違いはこうして生まれます】
悩んでいる人

リライトってワードを置き換えればいいんでしょ?

「SEOで検索順位を上げるにはリライトが大事」

よく耳にするフレーズですが、間違った方法でリライトしても効果は出にくいです。


新しい記事も書かなければならないし、リライトで失敗したくないですよね?


目次

SEO対策でのリライトとは【間違いはこうして生まれます】

SEO対策でのリライトとは【間違いはこうして生まれます】


リライトとは下記の通り、

問題点を把握 → 改善

するプロセスのことです。


よくある間違いは下記の通り。


よくある間違い

  • とりあえずワードを置き換えて、記事の更新日を変更する
  • 問題点がわからないのに、なんとなく追記する


なんとなく追記して流入が増える場合もありますが、成功率が格段に下がります。


問題点を見つけた上で、リライトして解決しましょう。


【失敗を回避する】SEOリライトの方法:実例①

あわせて読みたい
【体験談】marantz(マランツ)にアンプの修理を”2回”依頼した話 修理の日数は何日かかった?修理代金はいくらかかるの? 過去に2度、スピーカー(B&W)とバイアンプ接続でつなげて使用しているmarantz(マランツ)のオーディオア...

例えば【マランツ 修理】というキーワードを狙った上記記事で解説します。

※現在は5位でindexされています。


この記事は2020年7月11日に公開して、3ヶ月放置しても順位が上がりませんでした。

その際、下記の問題点を仮説として立て対策を考えました。

立てた仮説

  • 記事で必要情報に漏れがある
  • 記事内に設定したキーワードが不足している


解決のために、2020/10/3に見出しにもキーワードを入れて内容を追記しています。


行った施策

  • 見出しにキーワードを入れる
  • 文に必要情報を追加する


リライト結果がこちら:23位→5位に上昇

リライト結果がこちら:23位→5位に上昇


まず最初のリライトで23位から15位以内に入ることができました。


さらに仮説を立てリライトを重ねた結果、10~18位から最終的に5位にindexされています。


これは成功した例でして、すんなり上がらない場合も当然あります。


【失敗を回避する】SEOリライトの方法:実例②

あわせて読みたい
STINGER8からSWELLに乗り換えた理由と移行方法【手順5つで解説】 STINGER8がアップデートされなくて挙動も怪しい、、どうしよう・・ SWELLに乗り換えたいけど、できるかな? この記事では、こんな疑問を解決します。 記事の内容 有料テ...

上記の記事は【STINGER8 SWELL】というキーワードを狙いました。


こちらは現在、検索で1位。

2位の記事も当ブログのものです。

【失敗を回避する】SEOリライトの方法:実例②
1、2位を独占しています



公開時から順位高めの記事でしたが、順位アップ用の実験をしてみました。



その方法は、単純に【STINGER8 SWELL】というキーワードを記事内に増やしただけ。


10位以内に入っている記事の場合、タイトルや見出しを触ると検索順位から消えるので注意が必要ですよ。


リライトする記事の選び方:まず目標を設定する

リライトする記事の選び方:まず目標を設定する


リライトすることで得たい結果から記事を選びます。

目的:リライトで得たい結果

  • 検索順位を上げたい
  • アクセス数を上げたい
  • 広告収入を上げたい


目標地点となる「目的」がないと、方向性の定まらないリライトになります。


▼リライトする記事の選び方は下記記事をご覧ください。

あわせて読みたい
リライトすべきブログ記事の選び方【目的から選定する”3つ”の方法】 どの記事をリライトすればいいの? この記事ではこんな疑問にお答えしています。 この記事からわかること リライト【3つ】の目的 リライトで検索順位を上げたい場合:SE...



SEO対策:リライトをする際のチェックポイント

SEO対策:リライトのチェックポイント


問題点は記事によって異なります。

下記は参考までにご覧ください


リライトする際のチェックポイント

  • タイトルにキーワードが入っているか?
  • H2、H3見出しにキーワードが入っているか?
  • 記事冒頭で読者の心をつかんでいるか?
  • 本文内で読者が知りたい情報は網羅されているか?
  • 読者の滞在時間は十分な長さか?短い場合は延ばせないか?

タイトルにキーワードが入っているか?

タイトルにキーワードが入っていないと、検索に引っかかりにくいです。


検索順位が低い記事は、タイトルを変えることでアクセスが上がりやすくなります。


H2、H3見出しにキーワードが入っているか?

H2、 H3タグにはキーワードを埋めましょう。


検索順位が低いなら、思い切って多少文章が不自然になっても見出しに入れてみて試します。


そうしたらアクセスがあがる可能性もありますので。


もし下がったら外せばOKです。


記事冒頭で読者の心をつかんでいるか?

序文で読者の心をつかむと、記事の滞在時間を延ばせます。

続きが読みたくなるような導入文を目指しましょう。


本文内で読者が知りたい情報は網羅されているか?

読者の満足度を上げるためには、読者の知りたい情報を網羅する必要があります。


読者はどんな悩みを抱えてキーワードを打ち込んで検索してきたのか考えます。


読者像を思い浮かべて、読者が「達成したい本当の目標」までイメージして記事に落とし込めると
読んでよかったと思える記事になります。


やすん

検索1~10位の競合記事には目を通して
自分の記事に足りないところを見つけましょう


読者の滞在時間は十分な長さか?短い場合は延ばせないか?

記事の構成を見直して、読みやすさを追求します。


文字に下線を引いたり画像を入れて記事内を装飾できます。



読者が読んでいて飽きのこない、視認性の良いページを目指しましょう。


関連する記事を入れる

がんばってリライトしても順位が上がらない場合は、関連記事が足りていない可能性があります。


1記事で情報を網羅するのではなく、関連する記事と内部リンクを貼ることで情報を補うことができます。



まとめ:【失敗を回避する】SEOリライトの方法【間違いはこうして生まれます】

まとめ:【失敗を回避する】SEOリライトの方法【間違いはこうして生まれます】


記事の通り、SEO対策としてのリライトは地道な作業です。


問題点の仮説を立て、検証の繰り返しになります。


実際に1年くらい続けると、順位は上がりますよ。



▼独学でライティング方法を学べる本があります。

スキルを身に着けたうえでリライトすると成果をあげやすいですね。

>> 沈黙のWebマーケティング Kindle版 ¥2,200 (税込)


次の記事>>リライトすべきブログ記事の選び方【目的から選定する”3つ”の方法】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる