【12/9(金) 12:00まで】ブログ開設初期費用 0円!利用料金最大30%OFF!エックスサーバー月額 693円~(税込)詳細はこちら!クリックして見にいく

ブログ初心者必見!キーワード選定のやり方3ステップ【コツがわかる】

ブログ初心者必見!キーワード選定のやり方3ステップ【コツがわかる】
悩んでいる人

キーワード選定のやり方がわかりません。
どうすればいいですか?

この記事でわかること
  • キーワード選定ってなんのこと?
  • キーワード選定はなんで重要なの?
  • 狙ったキーワードで検索上位に入るにはどうしたらいいの?

こんな疑問にお答えします。


この記事を読むと、ブログ初心者の方でも狙ったキーワードで検索上位を取れる可能性が上がりますよ。

検索順位とクリック数


私もキーワード選定に取り組んだ結果、上位表示されつつ検索からのアクセスも増えました。


あなたも「キーワード選定のやり方を知りたい」と思われるなら、記事を読みこんで「検索上位を狙いつつ集客も見込めるキーワード」の見つけ方をマスターしてくださいね!


目次

ブログ初心者必見!一から始めるキーワード選定のやり方【3ステップ】

ブログ初心者必見!一から始めるキーワード選定のやり方【3ステップ】


ブログを始めたばかりの初心者の方でも、「キーワード選定」という言葉は耳にしたことがあると思います。


ですが、「キーワード選定ってなに?」「どうやってするの?」と思う方も多いはず。


キーワード選定でやるべきことは下記の3つです。

  1. ブログのキーワード選定を「基礎」から理解する
  2. ブログのテーマに関係するキーワードを洗い出す
  3. 洗い出したキーワードを取捨選択する


やすん

一から始めることで検索上位が取れるようになりますよ!


さらに、キーワード選定には下記のようなメリットもあります。


  • 検索から集客できるようになる
  • 書くネタに困らなくなる
  • 記事執筆に集中できる


ブログを始めたばかりの初心者の方は、まだ記事を書くことに慣れていないかもしれませんよね。


ブログには覚えることがたくさんあって時間はかかりますが、キーワード選定の作業自体は簡単ですので、集客力のあるブログにするためにも一緒に一歩一歩頑張りましょう!



ステップ1:ブログのキーワード選定を「基礎」から理解する

ステップ1:ブログのキーワード選定を「基礎」から理解する


ブログのキーワード選定で理解していただきたい「基礎的な事柄」は下記の3つ。

  • ブログにおける「キーワード」とは何か?
  • キーワード選定の重要性
  • 初心者が狙うべきキーワードの条件


ブログ基礎知識:キーワードとは「ユーザーのニーズ」を表したもの

ブログにおけるキーワードとは、「ユーザーのニーズ」を表したものです。


たとえば、あなたが鎌倉に来ていて近くでカフェを探す場合には、「鎌倉 カフェ」とスマホで検索すると思います。


このとき打ち込んだ言葉が「キーワード」というものです。


キーワードからは「ユーザーの考え、欲求、目的」がわかりますね。

検索するキーワードには「ユーザーのニーズ」が現れていることを念頭に置きましょう。


キーワード選定が重要な理由

ユーザーが検索するキーワードからは「ユーザーのニーズ」が読み取れますので、選定することは非常に重要です。

なぜならグーグルはユーザーのニーズにぴったり一致する答え(解決策)を提示するコンテンツを高く評価するからです。


実際にGoogle公式サイトでは、下記のように明言しています。

「完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致する答えを返すものである」

引用元:Google_有益な情報を最適な形式で


ユーザーのニーズにぴったり一致する答えを提示するには、まず「ユーザーのニーズを理解し、把握すること」が大切になります。

ですので、ユーザーのニーズをしっかり把握するため「検索キーワード」をよく分析し、キーワード選定をもとに記事を書くことが重要です。


上記はSEOの基礎ですので、グーグルの理念・考え方と一緒に覚えておきましょう。


やすん

SEOを意識した記事づくりとは、ユーザーのニーズを把握するところから始まります


ブログ初心者が選ぶべきキーワードの条件

ブログ初心者の方が選ぶべきキーワードの条件は下記の3つです。


  • 検索上位に表示されやすい
  • ある程度検索ボリュームがある
  • 記事を書きやすい


やすん

効率的に集客するため、上記3つの条件を意識しながらキーワードを選びましょう


ステップ2:あなたのブログに関係するキーワードを洗い出す

ステップ2:あなたのブログに関係するキーワードを洗い出す


キーワード選定について基礎を学んだら、キーワードを洗い出していきます。


大切なのは闇雲にキーワードをひねり出すのではなく、あなたのブログに関係するキーワードのみを洗い出すこと。


以下の3つの手順でキーワードを洗い出します。

  1. あなたのテーマに関連するメインキーワードを決める
  2. ラッコキーワードで複合キーワードを取得する
  3. 検索ボリュームを調べる


1:あなたのテーマに関連するメインキーワードを決める

まず、あなたのブログテーマをもとにメインとなる「大きいなキーワード」を決めます。

たとえば「ブログ」に関する情報発信をするコンテンツサイトの場合には、「ブログ」「アフィリエイト」「SEO」「副業」などがテーマに関連するキーワードです。


キーワードはブログテーマに沿ったものを選べばOKなので、「ブログのテーマ決め」から始めましょう。


もし、ブログのテーマが決まらなくて悩んでおられるなら、「ブログジャンル・テーマが決まらない人への処方箋」を参考にしてみてください

あわせて読みたい
【もう悩まない】ブログジャンルやテーマが決まらない人へ対処法5つ ブログのジャンルが決まりません。どうしたらいいですか? この記事でわかること ブログジャンル・テーマが決まらない理由3つ ブログジャンル・テーマが決まらない人へ...


2:ラッコキーワードで複合キーワードを取得する

メインキーワードが決まったら、次はラッコキーワードでそのキーワードの複合キーワードを取得しましょう。


たとえば、「ブログ」というキーワードの複合キーワードとは、「ブログ 収益化」のような2語以上のキーワードのことを指します。

補足

※ラッコキーワードでは、非ログイン時の利用は1日5回までと制限されています。
メールアドレスだけで無料登録できるので、たくさん複合キーワードを取得する場合は登録しておきましょう。


複合キーワードの取得手順は下記の通り
※例として「ブログ」で取得します

STEP
「ブログ」で検索をかけると、キーワード一覧が表示
ラッコキーワードでキーワード検索
STEP
右上の「全キーワードコピー」をクリックする
ラッコキーワードでキーワードをコピー


これで、複合キーワードのデータを取得できました。


3:検索ボリュームを調べる

続いてキーワードプランナーを開き、取得した複合キーワードの「検索ボリューム数」を調べます。

STEP
キーワードプランナーを開き、「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリック

キーワードプランナーはGoogle広告にログインすると使用できます。登録後に広告配信を停止することによって無料で使用可能です。

キーワードプランナーを開く
STEP
キーワード入力欄に取得した複合キーワードをすべて貼り付け「開始する」をクリック
コピーしたキーワードを貼り付ける
STEP
キーワードの検索ボリューム数が表示されます
キーワードの検索ボリュームが表示


ここまでで、複合キーワードを洗い出し、検索ボリューム数を調べることができました。


ステップ3:洗い出したブログキーワードを取捨選択する

ステップ3:洗い出したブログキーワードを取捨選択する


洗い出したキーワードを取捨選択する方法は、下記の3つです。

  1. 検索ボリュームが100以下のキーワードは選ばない
  2. テーマに関連しないキーワードは除外する
  3. 実際に検索してみる


1:検索ボリュームが100以下のキーワードは選ばない

検索ボリュームを調べると、「10~100」のキーワードが多数表示されると思います。

「10~100」のキーワードは集客効果が薄いので除外しましょう。


やすん

そのキーワードを1ヶ月間に検索している人数ですので、「10~100」では1日当たりの検索は0人ということも…
少なすぎる検索ボリュームのキーワードで記事を書くと、ブログへ訪問してくれる人を増やすのが大変です


2:テーマに関連しないキーワードは削除する

テーマに関連しない複合キーワードは除外します。

たとえば、ブログテーマが「ブログで稼ぐために必要なことをわかりやすく説明する」の場合には、以下の内容は関連性のあるものです。

  • テーマ
  • 記事作成
  • 稼ぐ方法
  • アフィリエイト
  • PV
  • アクセス
  • 文章の書き方
  • サーバー
  • SEO
テーマに関連しないキーワードは削除する


上の画像のように、テーマと関連性のない複合キーワードは白色にして「キーワード」から除外します。


3:実際に検索してみる

残ったキーワードの一覧を見ると、「読者の求めている内容が同じ・似ている」というワードが見つかります。

  • 「ブログ テーマ 決まらない」
  • 「ブログ テーマ 決め方」

上記はどちらも「ブログのテーマを決めたい」というニーズ。


実際に両方のキーワードを検索してみて、競合サイトの強さを確かめてみます。

  • 「上位表示を目指せそうか」
  • 「競合サイトの記事構成」


両方のキーワードで検索した結果、どちらも記事内容が同じ場合には、上位表示を狙えそうなキーワードの方を選びましょう。

※記事内容が異なる場合には、両方記事にしてOKです。

注意点は下記の通り。

同じ意味合いのキーワードで何記事も書くと、ブログ内に似た内容の記事が増えてしまい順位が上がろうとしている記事同士でお互いに足を引っ張りあう原因(=カニバリゼーション)となります。


やすん

カニバリが発生するとSEOで正しく評価されません。
本来の順位よりも下位になってしまいますよ


ですので、「読者ニーズ・記事内容」が同じキーワードの場合には「順位が上がりやすい方」だけを選びましょう。


以上でキーワード選定は完了です。


残ったキーワードを書こう!

上記3つの方法でキーワードの取捨選択が完了したら、残ったキーワードで地道に記事を書いていきます。

100~300ほどのキーワード数になれば十分です。


1つのキーワードで1記事のみ書く」ことを意識して実践しましょう!


選定後、ロングテールキーワードから記事を書く

ロングテールキーワードから記事を書く


キーワードの取捨選択が終わると、やっと記事を書くステップに入ります。

ブログ初心者が検索上位を狙うには、「ロングテールキーワード」から記事を書きましょう。


ロングテールキーワードの特徴は下記の通り。

  • 検索ボリューム数が月100~500程度
    →競合性が低いので上位を狙いやすい
  • 単語が3つ以上の複合キーワード
    →ユーザーの検索目的がわかりやすいので、記事が書きやすい


ブログ初心者の方でも検索上位を目指しやすいので、まずはロングテールキーワードから記事にしましょう。


【キーワード選定】コツがわかるとブログは伸びる!【コツ7つ】

【キーワード選定】コツがわかるとブログは伸びる!【7つ】


キーワード選定は狙ったワードで検索上位が取れ、検索画面からの集客に成功するサイト作りにかかせません。

さらに、キーワード選定のコツも掴めるとブログの成長速度は格段に上がります。


キーワード選定のコツについて下記7つをご紹介。

  • 読者の顕在ニーズ・潜在ニーズを考える
  • 選定したキーワードを入れる場所について
  • 派生コンテンツを考える
  • ほかのキーワード候補を調べる
  • 既存記事と関連づける
  • 検索トレンドを見る
  • 商標ワードは成約率が高い


コツ1:読者の顕在ニーズ・潜在ニーズを考える

選んだキーワードで記事を書く前に、読者が抱える悩みやニーズを想定することは重要です。

ポイントは、「顕在ニーズ」と「潜在ニーズ」の2つの観点で考えます。

  • 顕在ニーズ:読者が検索して知りたいこと。自認しているニーズ。疑問。
  • 潜在ニーズ:顕在ニーズの奥にある本当に知りたいこと。(本人ですら気づいていないニーズ)プラスアルファの情報として、知れたらうれしいこと。


たとえば、「ブログ アクセス 増えない」というキーワードで検索するユーザーの悩みは下記の通り。

  • 顕在ニーズ:ブログにアクセスが増えないのはなぜだろう?
  • 潜在ニーズ:ブログのアクセス数を増やしたい!


上記のキーワードで検索するユーザーの真の目的は、「アクセスが増えない原因・理由」が知りたいわけではありません。

キーワードの裏にあるのは、「ブログのアクセス数を増やしたい」という気持ちです。

この気持ちを満たしてあげると、ユーザーは心から満足します。(=読者満足度の高い記事)


ですので、「キーワード」からユーザーの真の目的・潜在ニーズについて考察しましょう。


コツ2:選定したキーワードを入れる場所について

せっかくキーワード選定をしたのなら、キーワードに基づいて記事を書くときに「なんのキーワードについての記事なのか」をGoogleにわかりやすく伝えましょう。


Googleは以下の情報をもとに記事の内容を分析して把握します。

  • 記事のタイトル
  • 記事の見出し(hタグ)
  • 記事のメタディスクリプション(説明文)
  • 記事内の文章を総合的に分析(記事内で使われている主なキーワードから判定)

ですので、Googleにわかりやすく記事の内容を伝えるには、上記の箇所に「キーワード」を入れて記事の内容を伝えましょう。


やすん

「タイトル」や「見出し」に入れるキーワードは、自然な文章で入力しましょう
シンプルに入力することで、記事内容が伝わりやすくなります


コツ3:派生コンテンツを考える

派生コンテンツを考える

記事から派生したコンテンツを考えると、キーワード選定では見つからないキーワードを発見することもあります。


記事を書いている途中で、「読者はこの情報もあるとわかりやすいな」というものが現れますよ。


必要性のある情報は記事化すると、キーワード選定で候補に出てこなくても読まれる記事を書くことが可能です。


コツ4:ほかのキーワード候補を調べる

キーワード選定後、残ったキーワードをUbersuggestで調べることで、思いがけない関連キーワードの候補が見つかることもあります。

Ubersuggestで調べる
Ubersuggest

またUbersuggestでは、キーワードの月間検索ボリューム数、SEO難易度、検索トレンドについても調べられますよ。


やすん

無料でキーワードプランナーを使用している場合には「検索ボリューム数」が細かな数値で表示されませんので、事前にUbersuggestで調べることでキーワードのボリューム数を把握できますね


記事化した後は、Googleサーチコンソールからもキーワードが見つかります。

サーチコンソールの「検索パフォーマンス」の項目では、「どんなキーワードで検索されているのか」がわかりますよ。


もし、「狙っていないキーワード」で記事の「表示回数」が多い場合には、

  • 「狙っていないキーワード」で記事を書く
  • タイトルや見出しを調整する

狙っていないキーワードに最適化することで、アクセス数を伸ばせます。


コツ5:既存記事と関連づける

検索順位を上げる方法として、キーワードと関連する「既存の記事」を内部リンクでつなげます。

既存の記事と内部リンクでつなげる


やすん

検索順位は関連する記事を増やして押し上げましょう


コツ6:検索トレンドを見る

Ubersuggestやキーワードプランナーでは、キーワードのトレンドについて調べられます。

検索トレンドを確認


トレンドが上がっている状態は、キーワードが注目されて検索ニーズが増えているということです。

もし、あなたのブログテーマと関連するキーワードが上昇している場合には積極的に狙いましょう。


コツ7:商標ワードは成約率が高い

最後にご紹介するコツは、「商標ワード」についてです。

「商標ワード」とは、「GMOクリック証券」や「ライザップ」、「鬼滅の刃」など、商品名・サービス名のことを指しています。

「商品・サービス名」は収益に直結するキーワードですので、競合サイトも強力な場合が多いです。


しかし、商標ワードのなかには知名度があるのに競合サイトが弱い場合もあります。

検索ボリューム数が「10~100」と少ないワードでも成約率が高いのが特徴ですので、稼げるワードを見つけたならチャンスですよ。


やすん

商標ワードを狙う場合には、競合サイトをチェックしてから記事にするかどうかを判断しましょう
企業等の強いサイトばかりでは集客を見込めず効率が悪いです


【ブログ初心者がハマる】キーワード選定の失敗例

【ブログ初心者がハマる】キーワード選定の失敗例


キーワード選定は検索からのブログ集客をするうえで欠かすことのできない作業です。

ここからは、ブログ初心者の方がキーワード選定でやりがちな失敗例3つについてご紹介します。

  • キーワードを詰め込み過ぎる
  • 検索ボリュームが少な過ぎる
  • 競合サイトが企業・官公庁・病院・公共機関


失敗1:キーワードを詰め込み過ぎる

記事にキーワードを詰め込み過ぎるのは、初心者がハマる落とし穴の1つです。


キーワード選定では「1記事に1つのキーワード」が基本となります。

  • 「ブログ テーマ おすすめ」
  • 「ブログ 記事 書き方」

上記の場合は、「ブログ テーマ おすすめ」で1つのキーワードです。


たとえば、2つのキーワードで1つのタイトルをつけると下記の通り。

タイトル:ブログ初心者向け】おすすめ有料テーマ5選と記事書き方をわかりやすく解説

一見良さそうに見えるかもですが、Googleには何がキーワードの記事なのか伝わらず「狙ったキーワード」で順位が上がりにくくなります。


  • タイトル:【2022年】おすすめブログテーマ5選を徹底解説【初心者向け】
  • タイトル:【初心者向け】ブログ記事の書き方を解説【手順5つ】

上記はシンプルですが、タイトルだけでどんな記事かわかりますね。


もう一つ例として、

鎌倉 カフェ オシャレ」で1つのキーワード(検索ボリュームは100~1000)。

上記のキーワードだけでタイトルを作成するということです。


良い例

タイトル:【2022年】鎌倉のオシャレなカフェ厳選15店

悪い例

タイトル:【2022年】鎌倉で安くておいしいオシャレな古民家風カフェ厳選15店


1つのキーワードで1記事を意識しながら執筆しましょう。


失敗2:検索ボリュームが少な過ぎる

キーワード選定の目的は、検索からブログに集客することです。

検索する人が0に近いキーワードで検索1位を量産しても、検索する人がいないので集客には結びつきません。


ですので、月間の検索ボリュームが0~100のキーワードは選ばないように注意しましょう。


やすん

初心者の方は検索件数が100以下のキーワードを選びがちです


失敗3:競合サイトが企業・官公庁・病院・公共機関

ジャンルや選ぶキーワードにもよりますが、検索結果で上位表示されるのには下記の3つが関係しています。

  • 専門性
  • 権威性
  • 信頼性


検索したときに、

  • 大手企業
  • 官公庁
  • 病院
  • 公共機関

上記のようなサイトで検索1ページ目が占められている場合、個人ブログが入り込むのは厳しいです。


やすん

ですので、キーワード選定後には必ず記事を書く前に検索してみて確認しましょう


キーワード選定で効率的にブログを育てよう!

この記事では、ブログのキーワード選定について解説しました。

キーワード選定のやり方がわかると、狙ったワードで検索上位が取れて集客に成功するサイトを作れます。


検索上位を取るためのキーワード選定に関して、あなたがやるべきことをおさらいしましょう。

  1. ブログのキーワード選定を「基礎」から理解する
  2. ブログのテーマに関係するキーワードを洗い出す
  3. 洗い出したキーワードを取捨選択する


この3ステップであなたが書くべきキーワードが見つかりますので、じっくり取り組んでみてくださいね!


>> ブログで月1万円を稼ぐための15ステップ

ブログ初心者必見!キーワード選定のやり方3ステップ【コツがわかる】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次