【御影石】スピーカーのセッティングを実例紹介【音質向上&地震対策】

【御影石】スピーカーのセッティングを実例紹介【音質向上&地震対策】


悩んでいる人

スピーカーの音質を良くしたいけど、どうしたらいい?
ついでに地震対策もしておきたいな・・


こんな疑問にお答えしています。



スピーカーの性能を引き出したいときにまず最初に行えることとして、【スピーカーのセッティング】をあげることができます。



この記事では、ブックシェルフ型スピーカーのセッティングを例に、


スピーカースタンドの下に【御影石のオーディオボードを使った「2chオーディオスピーカーのセッティング方法・音質」についてまとめています。


御影石を使用すると、改善すること

  • スピーカーを買ったけど、試聴で聴いた時よりも音がこもっている気がする
  • 低音がボワボワ締まりがなく、膨らんじゃう
  • スピーカースタンドがグラグラして、地震のときに危なそう



「御影石」は、上記のような問題を解消してくれます。



目次

【御影石】を使用すると期待できる音質

【御影石】を使用すると期待できる音質



「御影石」を使用すると、下記のような音質を期待できます。


音質の特徴


御影石は、大理石と同じ石材製です。


そのため、「振動抑制効果」が高く、音の安定につながります。



「ボワボワ」や「ボーっ」といった低音の膨らみを改善し、ぼんやりしがちな中音域の輪郭を明瞭にしてくれますね。


大理石よりも硬質なため、よりくっきりとシャープな印象の音質に改善できるのが特徴です。


やすん

実際に使用すると、低音が引き締まり
中音域がクリアになることを感じられます


御影石:音質の特徴

  • 低音の膨らみを改善
  • ぼんやりしがちな中音域が明瞭になる
  • シャープな印象の音質に改善



地震対策としても効果が期待できる


スピーカースタンドの下に「御影石」を置くことには、抵抗があるかもしれません。


私は2018年9月の北海道胆振東部地震で初めて震度5を経験しました。



地震前には、御影石を設置していませんでした。

そのため、地震のときにフローリングの上にスピーカースタンド+インシュレーターで設置していたスピーカーが、スタンドごと転倒することに。


やすん

深夜3時の出来事でしたので
恐ろしかったです・・



転倒した原因:スピーカースタンド+スピーカーの場合


スタンドよりもスピーカーの方が重たいですので、重心の位置が高くなってしまいます。


フローリングの振動が直にスタンドからスピーカーに伝わったことによって、スピーカーが振り子のように振られて倒れてしまいました。



地震対策としての【御影石】


重量のある「御影石」をスピーカースタンドの下に設置してスタンドと固定すると、スピーカーよりも確実に重たくなります。


さらに、スタンドの設置面積よりも「御影石」の方が大きい(35cm×30cm)ですので、より安定感が生まれました。
※御影石にはより大きなサイズのものがありますので、お使いのスタンドに合わせてご参考にしてみてください。


フローリングと御影石の間に、「防振性のあるゴム板」を挟むことで、フローリングのキズ防止と防振効果も期待できます。


結果、余震の震度4の地震ではびくともしませんでした。


やすん

スタンドとスピーカーもマジックバンドで結束すると
地震の揺れで「スピーカーが空を飛ぶ」ということもなくなります



【御影石】スピーカーのセッティング方法

スピーカーのセッティング方法


では、「御影石」を使用したスピーカーセッティング方法をご紹介していきます。


STEP
スピーカーを設置する大まかな位置を決める
STEP
御影石(山西黒)とゴム板を設置する
STEP
スピーカースタンドを設置する
STEP
インシュレーターを使用する


スピーカーを設置する大まかな位置を決める


低い音ほど左右や後ろに音が巡りますので、壁や床に影響することを念頭に置きます。


スピーカーの間隔も大まかに決めてしまい、のちほど調整します。


スピーカーの間隔による特徴

  • 左右のスピーカーの間隔が広すぎると、センターのボーカルが薄くなる
  • 間隔が狭いと楽器が詰まって窮屈な感じで、ボーカルが大きく前に出すぎるような音になる


スピーカーを設置する位置をだいたい決めたら、御影石とゴム板をセッティングしてみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる