【12/9(金) 12:00まで】ブログ開設初期費用 0円!利用料金最大30%OFF!エックスサーバー月額 693円~(税込)詳細はこちら!クリックして見にいく

エラー対処方法|HTTPS が無効であり、インデックスに登録されない可能性があります

対処方法と解決策|HTTPS が無効であり、インデックスに登録されない可能性があります
HTTPSが無効のエラー画面

Search Console(サーチコンソール)で上記のようなエラー画面が表示されて困惑していませんか?

まずは下記を確認しましょう。

  • サイトはすでに常時SSL化している
  • アラートが出ているページも問題なくSSL化されていることを確認済み

このような状態であれば、「待つだけ」でOK。

Search Consoleヘルプでもしばらく待つよう公表しています。

一時的なエラーに関する注記: 一部のエラーは一時的なものであり、しばらくすると自動的に修正されます。よくあるのは、HTTPS ページが投稿される前、または URL の HTTPS バージョンがクロールできるようになる前に、Google が HTTP ページをクロールしたというケースです(HTTPS バージョンのクロールはキューに追加されます)。そのため、ご自身で変更を加えなくても、時間の経過とともに問題が自動的に修正される場合があります。

Search Consoleヘルプ

簡単に言うと、エラー原因としては、

「Googleのクロール早すぎてHTTPSのクロール前にクロールしちゃったから、もう一度見るので待っててね」


上記のようなGoogle都合によるエラーは「待っててね」と言われることが多いので、気にせず時間が経過したらまた確認してみましょう。


その際、数日ではなく一週間単位で様子を見守るのが基本ですね。


該当記事がGoogleにインデックスされているかどうかは、下記の方法で確かめられますよ。

site:https://記事のURL」で検索する

グーグル検索画面で「site:」検索

記事のURLに「site:」を付けて検索すると、インデックスされている場合には検索結果に登録ページが表示されます。

HTTPSのURLでインデックス自体は行われていますので、エラーが消えるのを待ちましょう。


レンタルサーバーごとの常時SSL化について

>> Webサイトの常時SSL化/エックスサーバー

>> WordPressかんたんSSL化を利用する/ConoHa WING

※各レンタルサーバーの公式ページに遷移します

目次

解決例:実際に当ブログ(yasunblog)もエラー解消

「HTTPS が無効であり、インデックスに登録されない可能性があります」

上記エラーの解消には、該当記事ページへ再度クローラーに来てもらわなければなりません。


少しでも早くクローラーに来てもらう方法として、Search Consoleのメニューからサイトマップを送信しましょう。


【対処方法】Search Consoleでサイトマップを送信する

Search Consoleでサイトマップを送信する方法について解説します。

画面左メニューからサイトマップを選択→下記3つを入力して送信ボタンをクリックするだけです。

  • sitemap.xml
  • sitemap.xml.gz
  • feed
メニューからサイトマップをクリック
入力欄が表示されます。「https://~」の表示がなければ、httpsから入力しましょう

「sitemap.xml」と入力して送信

サイトマップの送信方法①

「sitemap.xml.gz」と入力して送信

サイトマップの送信方法②

「feed」と入力して送信

サイトマップの送信方法③


サイトマップを送信したら一週間は様子をみましょう。


エラーが時間経過で解決しなかった場合

  • HTTP が正規化タグでマークされている
  • HTTPS の証明書が無効である
  • サイトマップが HTTP を参照している
  • HTTPS にリダイレクトが設定されている
  • HTTPS URL へのアクセスがロボットによりブロックされました
  • HTTPS が評価されていません

上記のようなケースがありますのでSearch Consoleヘルプを参照しながら対処します。

>> Search Consoleヘルプ(HTTPS レポート)


その前に、HTTPSレポートでも確認してみましょう。


HTTPSレポートで確認してみる

HTTPSレポート画面
HTTPSレポート

「HTTPS が無効であり…」のエラーで表示される記事ページが、HTTPSで登録済みかどうかを確認する方法があります。

サーチコンソールのメニューから「HTTPS」をクリックしてHTTPSレポートを開いてみましょう。

サーチコンソールのメニューから「HTTPS」をクリック


メニューにない場合は直接アクセスすると見られますよ。

▼HTTPSレポートは下記URL。

https://search.google.com/search-console/https


HTTPSページの例を表示する

HTTPSで登録済みかを確認するには、HTTPSレポートにて「HTTPSページの例を表示する」をクリックします。


一覧にエラー表示されているページのURLが表示されていたら登録済みです。

HTTPSレポート画面「HTTPSページの例を表示する」をクリック
HTTPSで登録済みのURL一覧
HTTPSで登録済みのURL一覧


「HTTPS が無効であり」のエラーが表示されてお困りなら、まずはGoogleで該当記事URLに「site:」を付けて検索。

HTTPレポートでも記事が登録されているのを確認したなら、あとは安心してエラーが消えるのを待ちつつ、読者目線で高品質な記事を書いて積み重ねていきましょう。

>> 初心者向け|収益0から月1万円稼ぐアフィブログの始め方15ステップ

あわせて読みたい
初心者向け|収益0から月1万円稼ぐアフィブログの始め方15ステップ ブログを始めてみたものの、なかなか稼げません。どうすれば月1万円を稼げるブログになるのか教えてください この記事で解決できる悩み ゼロからブログを開設するには、...
エラー対処方法|HTTPS が無効であり、インデックスに登録されない可能性があります

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次