【2021年4月】前立腺肥大症の父がPSA検査を受けてきた話【結果は基準値】

【2021年4月】前立腺肥大症の父がPSA検査を受けてきた話【結果は基準値】


2020年10月に父が細菌性の急性前立腺炎を発症してから、【前立腺肥大症】も併発していることが発覚しました。


2021年4月の診察時、念のため前立腺がんを調べるため「PSA検査」を受けてきました。




結果は、基準値の範囲内でした。

正直なところ、ものすごく安心しました。



また、3月から4月分の1ヶ月間の排尿記録では、カテーテルでの導尿が「100ml」を切ることも多くなっていましたので、生体を取って検査する必要もなくなりました。



薬による治療を始める際に「前立腺肥大症の薬の効果は半年後から」と言われていましたので、その通りの経過となっています。



導尿がコンスタントに「100ml」を切るようにもなってきましたので、4月の診察後からはカテーテルを毎回使う必要はなくなっています。



この記事では、

・父が受けた「PSA検査」の数値結果
・前立腺肥大症でカテーテルでの導尿回数を減らす目安

について扱っています。



目次

父が受けた「PSA検査」の数値結果

父が受けた「PSA検査」の数値結果


高感度PSA検査の結果は「0.31」でした。



PSAは前立腺肥大症でも高くなるそうですので、父の前立腺肥大も良くなっているようです。


ひとまず、前立腺ガンではなかったので安心しました。


また1ヶ月、同じ薬を継続してみて、カテーテルでの導尿の量がどうなるか様子を見ることになりました。



今月4月で、薬を飲み始めてから「半年」になります。


薬の効果は半年後」と言われ続けていましたが、その通りの結果になっています。



無事、カテーテルでの導尿が、定期的に100mlを切るようになっています。



【前立腺肥大症】カテーテルの使用回数を減らす目安

【前立腺肥大症】カテーテルの使用回数を減らす目安


カテーテルの使用回数を減らす目安は、カテーテルでの導尿が「定期的に100mlを切る」ようになってきたらです。


3月までは、100mlを切ることはあっても、なかなか「定期的に」とはなっていませんでした。


起床後の朝一では、カテーテルで200ml近い量のときが多々あり、コンスタントに100mlを切るまでにはなっていませんでした。


4月に入ってからは、日中は自力で300mlを超え、カテーテルでは100mlを切ることも多くなっています。


起床後の朝一のトイレでも「150ml」を下回るようになっていました。


それで今月の診察時に、カテーテルの使用を毎回ではなく2、3回に一度のペースでよくなりました。



父自身、気持ちが楽になる

自分で排尿のペースを見ながらでのカテーテル使用になりましたので、父も気持ちが楽になっているようです。


薬の効果がしっかり表れて、カテーテルの使用についても毎回ではなくなったので、父自身、ホッと安心して生活を送ることができています。


父自身、自力で出したあとは、どのくらい出るのかは感覚としてわからないそうです。


自力で排尿したあとには残尿感はなく、カテーテルを使用してみたら追加で60~100ml出て、まだ膀胱に残っていたことに気づくそうです。




まだ残っているかどうかは感覚としてわからないので、寝る前には必ずカテーテルを使用して、膀胱をカラッポにしてから就寝するようにしています。



まとめ

【2021年4月】前立腺肥大症の父がPSA検査を受けてきた話【結果は基準値】まとめ


父の前立腺肥大症の薬物治療6ヶ月目、4月の診察も無事に終えることができました。


今回の診断で「PSA検査」を受けましたが、結果は基準値でした。


前立腺ガンの疑いも晴れて、ホッと一安心です。


また、「薬の効果は半年後」と言われていた通り、定期的にカテーテルでの導尿も100mlを切るようになっています。


薬がちゃんと効いて、毎回カテーテルを使用しなくてよくなりましたので、父自身、気持ちが楽になっているようです。



もし、あなたも同じように前立腺肥大症で悩んでいるなら、悪化させないための日常生活を送り、薬を飲み続けるなら改善を期待できます。


>>【2021年3月】前立腺肥大症の父【悪化させないための日常生活の送り方】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる