【Amazon】2000円台の格安トレッキングポールを購入した感想【Moon Lence】

悩んでいる人

2000円台のトレッキングポールってどうなの?


この記事では、Amazon(アマゾン)で購入した「Moon Lence」の格安トレッキングポールの開封レビューについて扱っています。

記事の内容
  • 【Moon Lence】トレッキングポールの付属品について
  • トレッキングポールのサイズ
  • ニオイ対策
  • キャップ紛失対策


使用感は8月中に使用してみますので、その際に追記予定です。


やすん

私は登山が好きで
コロナ前は旭岳によく行ってました


目次

トレッキングポールについて

樽前山
「樽前山」東山頂上から撮影



トレッキングポールは、登山をする方にはお馴染みのストックです。


登山では傾斜のきつい所や足場の悪い所を歩きますので、脚力だけで山を登ると下半身に負荷が掛かることに。


疲労が足に集中すると思わぬケガにつながりますので、登山は身体全体で行う必要があります。


やすん

全身を使わないと、足の疲労がキツイです



そこでトレッキングポールを使用しますと、腕の力も直に使うことができますので推進力がアップします。



足場の悪い所でも安定した姿勢を維持しやすいので、下山でバランスを崩してケガをするリスクも減らすことができます。




【Moon Lence】トレッキングポール:格安でも付属品が充実

【Moon Lence】格安でも付属品が充実



Amazonにて2400円弱で購入できるMoon Lenceのトレッキングポールを購入しました。


108㎝と長めの箱に入れられて送られてきます。


箱の中には余裕がかなりあります。


【Moon Lence(ムーンレンス)】について

Moon Lenceは、中国(上海)にあるアウトドアメーカーです。


中華製のなかでは、比較的良品をあつかうメーカーとして知られています。



トレッキングポールのほか、キャンプ用品、グランドチェアなど販売していますよ。



収納袋と予備のキャップも付いている

【Moon Lence】収納袋と予備のキャップも付いている。


格安のトレッキングポールでも、バスケット収納袋、さらに予備のキャップも付いてきます。2000円台で一式揃っていますので、お得感がかなりあります。


見た目に安っぽさも感じませんね。


【Moon Lence】サイズや作りについて

【Moon Lence】サイズや作りについて。トレッキングポールのグリップ部分


形はI字グリップタイプで、アンチショック(スプリング)が内蔵されています。


アルミの剛性も高そうで、岩場に挟まってポールをしならせてしまっても、曲がるだけでポキっとすぐ折れるような代物には見えないです。


1本の重さは約290gで、カーボン製のポールよりは100g程重さがありますが、その分、持ったときに安定感を得られます。


長さの調整は、【突っ張り棒】と同じように、ポールを回転させて緩めて伸ばし、必要な長さのところで逆に回して固定するタイプです。


そのためきつく締めすぎると、緩める時に相当力が必要になります。


がっちりきつく締めすぎないように、または締め方が緩すぎないように調整が必要です。


収納サイズと最長サイズ

【Moon Lence】収納サイズと最長サイズ


収納サイズは65cmと若干長さを感じますが、カメラの三脚のような感じで扱うと違和感は感じません。


ポールを伸ばした際の最長サイズは135㎝。私の身長は177㎝ですが、ポールが短いと感じることはないです。


肘を直角にしてポールを持つと、先端が地面から少し浮くくらいの長さです。


【Moon Lence】収納サイズと最長サイズ


ニオイ対策

開封後、収納袋を開けた時から漂っていたのですが、【Moon Lence】のトレッキングポールの最大の欠点は、ニオイです。


中華製特有のゴム臭さといいますか、グリップやキャップからゴムのような薬品のような臭いがします。


そのニオイがグリップ下のスポンジにまでうつっていますので、ニオイに敏感な人はきついかもしれません。


グリップを持つ手にもニオイがうつります。


ニオイを和らげる方法

ニオイを和らげる方法


主にグリップ部分がニオイの原因ですので、中性洗剤アルコール除菌スプレーを使用してニオイを取ります。


まず、グリップ部分を中性洗剤で良く洗い、その後アルコール除菌スプレーを吹きかけます。


その際、アルミ部分が濡れたままで放置しますと金属部分が錆びてしまいますので、余分な水気はふき取ります。


アルコール除菌スプレー後、新聞紙にくるんで風通しの良い所に2~3日置いておきます。


これでだいぶゴム臭が弱まります。


新聞紙は1日おきくらいで取り換えた方がニオイの吸収力を維持できるかと思います。

ニオイを和らげる方法



キャップの紛失対策

キャップの紛失対策


ポールの先端に付いているキャップはねじ込み式ではなくただ被せてあるだけですので、使用中に岩か何かに引っかかった際に取れてしまいやすいです。


そのため、キャップの紛失防止のためにおこなっておきたいことがあります。


ビニールテープ針金を使ってキャップとポールを括りつけて固定することで、キャップを取れにくくすることができます。

キャップの紛失対策



Amazonレビューでも評価が高い

Amazonレビューでも評価が高い


Amazonのレビューでも高評価です。


Amazonレビューでも評価が高い

富士登山で使用された方もおられます。


Amazonレビューでも評価が高い



まとめ:【Amazon】2000円台の格安トレッキングポールを購入した感想【Moon Lence】

まとめ:【Amazon】2000円台の格安トレッキングポールを購入した感想【Moon Lence】


2000円台で購入できる【Moon Lence】のトレッキングポールをご紹介しました。


ゴム臭がありますので、ニオイが気になる方は、グリップのニオイ対策をすればそれほど気になることはないかと思います。


キャップはポールの先端に被せてあるだけですので、どこかに挟まると取れてしまう恐れがありますが、キャップにビニールテープと針金を括りつければ、キャップの紛失防止になります。



トレッキングポールに関心があって初めて購入する方や、登山初心者の方には必要十分な機能と付属品です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる