【効果あり】PC作業での疲れ目&かすみ目対策5選【テレワークの効率UP】

【効果あり】PC作業での疲れ目&かすみ目対策5選【テレワークの効率UP】


『スマホやパソコン画面を見つづけていると、目が疲れてきてショボショボするし、視界もかすむ・・』

と感じている方は多いようです。



目が疲れてくると頭はだんだん重たくなり、クビや肩、背中まで痛くなります。


この記事では、スマホやPC作業での「疲れ目」や「かすみ目」の対策について扱っています。



目次

はじめに:過去の私は毎年視力が悪くなり、メガネを作り直していました

過去の私は、中学1年生のころから視力がだんだん低下しはじめ、メガネを毎年のように作り直していました。

20年前の学生時代からは、毎日パソコンも使用しています。


「パソコンっていつの間にか画面をずっと見つづけて目が疲れる。肩もクビもこるし気をつけなきゃマズい」

と思いながらの使用です。


パソコンによる目のツラさを緩和しようと、ある目のケア方法を実践してみました。

そのおかげでここ20年くらい目の不調を感じていません。


また毎年のように視力が低下していましたが視力も変わっていません。



この記事では、私が20年前から実践している目のケア方法で「疲れ目」「かすみ目」に効果がある対策方法についてご紹介しています。



【効果あり】PC作業での疲れ目&かすみ目対策5選【テレワークの効率UP】

【効果あり】PC作業での疲れ目&かすみ目対策5選【テレワークの効率UP】


私が実践して効果を感じている「疲れ目」「かすみ目」対策のうち、5つをご紹介します。


疲れ目&かすみ目対策5選

・毎日ブルーベリーとルテインのサプリを飲んでいる
・ホットアイマスクを使う
・ブルーライトカットのメガネを使用する
・眉毛のマッサージ
・耳を温める


目の疲れを感じにくくなると、違和感を感じて気をそらされることもなくなりますので、テレワーク時の作業効率アップにもつながります。



対策①:20年以上、毎日ブルーベリーとルテインのサプリを飲んでいます

20年以上、毎日ブルーベリーとルテインのサプリを飲んでいる


私は中学1年生のころから毎年のように視力が低下して、メガネを作り直していました。


二十歳の頃からわかさ生活の「ブルーベリーアイ」を飲み始めると、視力の低下が治まることに。



さらに「ルテイン」も追加で摂取することによって、目の”かすみ”も治まりました。



私は学生のころからパソコンを使用していました。

長時間PCモニターを見ていると、目がしょぼしょぼして疲れてきて視界がぼやけたりかすんだりしていたのが「ルテイン」を飲んでからは改善されています。





過去の私のようにパソコン作業で目がかすんで困っているなら、ルテインの効果がどんなものなのか実際に体験してみるのもいいかもしれません。


もし「疲れ目」がひどくてピントが合わせにくいときには、「ブルーベリー」がお勧めです。



 今なら全額返金の保証つきで、目をラクにする近道がある

20年以上、毎日ブルーベリーとルテインのサプリを飲んでいます


テレビCMで船越英一郎さんが出ている「やわた」では、全額返金の保証つきで「ルテイン」を提供しているので、とりあえず試してみて目がラクになるのを実感してみるのもありかと思います。

パソコンやスマホ、タブレットの画面から発せられる光から目を保護するのは「ルテイン」です。

>> 全額返金保証で「ルテイン」を試してみる/やわたのメラックスeye



視力の低下や目のピント調整が気になるなら、「ブルーベリー」を試してみるのも良いかと思います。効果が感じられなければ、こちらも全額返金の保証つきです。

>> 全額返金保証で「ブルーベリー」を試してみる/やわたの【北の国から届いたブルーベリー】




対策②:ホットアイマスクを使う

ホットアイマスクを使う


温めることで、目の周りの筋肉をほぐします。


血の巡りがよくなりますので、目のまわりの筋肉がほぐれてラクになります。



なお、濡らしたタオルを電子レンジ温めて使用することはおすすめしません。


電子レンジのなかは意外とよごていますので、「タオル」に油やよごれが移ってしまいます。


そんなタオルを目に使用すると、雑菌が入って”結膜炎”や”目の充血”などを引き起こすことがあります。


お金はかかっても、市販のホットアイマスクを使用するのが良いです。


>> めぐりズム蒸気でホットアイマスク ローズ 12枚入



対策③:ブルーライトカットのメガネを使用

ブルーライトカットのメガネを使用


パソコン画面やスマホからはブルーライトが発せられています。


ヒトの目は無意識でピント調整しており、眼は常にピントを合わせようと働き続けています。


ブルーライトは波長が短く散乱しやすい特徴があり、ヒトの目に入ってくると網膜の手前で像を結んでしまうので、像がぼけやすくなります。



ですので、ぼやけやすいものに対して目はピントを合わせようとたえず働くことにより、目への負担はより大きくなります。


「目」はパソコン画面やスマホから近い位置にありますので、ブルーライトカットのメガネを使用することで影響をやわらげることができます。



最近はブルーライトカットのレンズをあつかうお店も増えてきており、メガネを自宅で試着できるサービスもあります。


コロナ対策もかねて、家でメガネを探してみるのもひとつの方法です。

もしあなたが近眼でレンズに度数を入れなければならない場合には、眼科でしっかり検査をしてもらってからメガネを作ることをおすすめします。

>> 【眼軸近視】眼球のノビが視力低下の原因に!【悪化を防ぐ2つの方法】


>> ブルーライト対策に/JINS 公式通販ショップ【JINSオンラインショップ】


>> 試着できるメガネのオンラインショップはこちら/【オーマイグラス】



対策④:眉毛のマッサージ

眉毛を、親指と人差し指で上下にはさんでつまみます。

目が疲れているとイタいですので、イタ気持ちいいチカラ加減でつまみながら眉毛周りの筋肉をマッサージします。


マッサージ方法は簡単です。

親指と人差し指でつまんでいる眉毛の筋肉を回してほぐしたり、ぐっと押して圧迫します。


眉頭から順につまんでマッサージをはじめ、3~4か所にわけながら眉尻に向かって進めていきます。


だんだん目がスッキリしてくることを感じられますよ。



対策⑤:耳を温める

目の疲れをとるのに、「耳を温める」をことをフシギに思えるかもしれません。


耳にはカラダに関係するツボがたくさんありますので、耳を温めることで血流が良くなり、目の不調も緩和されます。


ホットアイマスクで目を温めつつ、同時に「耳」はあたたかいタオルや手で覆うと、より効果的に疲れ目を解消できます。


温めながら、耳をひっぱたりもんだりするマッサージも効果的です。



テレワークの効率をアップするには集中できる環境が大事

テレワークの効率をアップするには集中できる環境が大事


自宅で長時間パソコン作業していると、目が疲れてしまいます。


オフィスとは異なり、自宅はシゴトをする環境が整っていないかもしれません。


作業を開始してから、シゴトに集中できずにダラダラと時間をつかってしまうと、長時間労働になってしまいがちです。


また、シゴトをしていても途中でインターホンがなったりラインの通知が来たりして、気を散らされてしまうこともあります。



ですので、疲れ目になりやすい長時間労働をさけるためには「シゴトをするのに集中できる環境」が大事になります。



18年間、私は新卒で入社した会社でサラリーマン生活を送ってきました。

そのなかで得た経験や知識から、「集中する方法」について2つご紹介したいと思います。


集中する方法2つ

  1. タスクをひとつに絞って集中する
  2. 脳がヤル気のある時間帯を活用する



タスクをひとつに絞って集中する

ひとつのタスクに集中することで、シゴトを効率的におこなうことができます。


同時にあっちもこっちもと複数のことを並行しておこなうと、仕事をしている気はしますが、生産性は失われてしまいます。



具体的に20~25分と作業時間を決めて「ひとつのこと」に集中して作業すると、生産性が上がってシゴトを効率的にすすめることができます。

決めた作業時間が経過したら5分くらいの休憩をはさみます。ここまでで1サイクルとします。


4サイクル目を終えたら、15~30分くらいの長めの休憩をいれます。休憩後、ふたたび1サイクル目から繰り返します。


5分間の休憩中にスマホをさわるのは目に緊張をあたえることになりますので、スマホは控えるほうが目も休まります。



作業中は気を散らすものを遮断する

作業中には、スマホの通知や電話は切っておくとジャマされないで没頭できます。


私の場合、作業中にYouTubeで「雨の音」やリラックスできるBGMなどを流していると、集中しやすくなります。



脳がヤル気のある時間帯を活用する

作業をおこなう時間帯も大事になります。


自分が「朝型」か「夜型」かで、1日の中で生産性の高い時間帯がかわってきます。


「朝型」なら朝のはやい時間帯に、脳が活発なときに難しいタスクをかたづけてしまいます。

「夜型」なら夜に集中しておこなう感じです。


まずは、自分の脳がどの時間帯に活発にはたらくのかを見極めることが先決になります。


もし自分がどちらかわからないなら、「朝型」の生活にすることをオススメします。



1日の作業を終えたら、シゴトを忘れてゆっくり休むことも大切です。



自宅でのテレワークだと「居住スペース」がシゴト環境かと思います。


オフィスで働いているときのように、「働く時間」「休む時間」と時間間隔にしっかりメリハリをつけて生活することが肝心です。



効率的にシゴトをすすめることで、長時間労働による「目の疲れ」からも解放されやすくなります。



【効果あり】PC作業での疲れ目&かすみ目対策5選【テレワークの効率UP】:まとめ

【効果あり】PC作業での疲れ目&かすみ目対策5選【テレワークの効率UP】:まとめ


この記事ではPC作業での疲れ目&かすみ目対策を5つご紹介し、テレワークの効率を上げるためのコツについても扱いました。


PC作業での疲れ目&かすみ目対策5選

・毎日ブルーベリーとルテインのサプリを飲んでいる
・ホットアイマスクを使う
・ブルーライトカットのメガネを使用する
・眉毛のマッサージ
・耳を温める


テレワークの効率を上げるためのコツについては下記の2つです。


テレワークの効率を上げるためのコツ2つ

・タスクをひとつに絞って集中する
・脳にヤル気のある時間帯を活用する



長時間パソコン画面を見つづけるとツラい目の不調をまねきますので、シゴトは効率的にすすめましょう。


「ルテイン」は目のボヤケやかすみ目に、「ブルーベリー」は目の調子を整えてくれます。


日ごろから摂取していますと、目の不調になやまされずに快適にすごすことができますので、テレワークが当分続くようなら取り入れることをオススメします。


1日のシゴトが終わったあとも目の調子がいいと、気分よく1日の残りを楽しむことができます。


あなたも、目の不調から解放されてみませんか?



ブルーベリーとルテイン

・ブルーベリー:「疲れ目」がひどくて”ピント”を合わせにくいときは「ブルーベリー」
・ルテイン:疲れてくると、目がぼやけたり”かすむ”ときには「ルテイン」


そしてパソコンやスマホ、タブレットの画面から発せられる光から目を保護するのは「ルテイン」です。



今なら3ヶ月間全額返金の保証つきで「ルテイン」と「ブルーベリー」も試してみることができます。


>> 全額返金保証のルテイン/やわたのメラックスeye


>> 全額返金保証のブルーベリー/やわたの【北の国から届いたブルーベリー】



目がつかれたまま1日が終わってしまうと在宅勤務がもったいないので、パソコンによる目の不調から解放されて仕事が終わったあとも快適にすごせますように。


あわせて読みたい
【目の疲れ+ぼやけ防止】ルテインが視界を守る【愛用歴20年の本音】 ルテインって目に良いって聞くけど、はたして本当なの?メリット・デメリットから、利用者の口コミレビューも見てみたいな。。 こういった疑問についてお答えします。 ...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる